「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」は、見沼代用水の西縁・東縁および見沼通船堀に連なる桜をさらに増やし、見沼田んぼをステージに総延長20kmを超える日本一の桜回廊づくりに取り組むため、平成25年度にスタートしました。
そして、たくさんの方々に寄附や賛同をいただいた結果、平成29年3月に桜回廊の総延長は20kmを超え、「桜の下を散策できる日本一の桜回廊」になったところです。今後も、見沼田んぼの桜回廊の魅力をさらに高めていくとともに、大切に守り育てていき、将来に向けて引き継いでいく必要があります。
 そのため、当プロジェクトでは、引き続き、市民・団体・企業等からの寄附による桜の植樹に取り組むとともに、多様な主体とともに「守る・育てる・発信する」取組を推進します。

1 取組の方向性
 ①さらなる桜回廊の延長(桜の植樹)に取り組みます
  ・見沼代用水沿いから枝線となるような部分への植樹
  ・見沼田んぼエリアの公園や緑地、施設敷地内等への植樹
  ・駅から桜回廊へつながる「アクセスルート」への植樹
 ②「守る・育てる」取組を推進します
  ・古くなった桜や、倒木した桜などの適切な更新・植替え
  ・植樹した桜の育成状況の見守り活動
  ・桜の剪定や植樹場所の除草など適切な維持管理
 ③「発信する」取組を推進します
  ・多様な主体による、積極的なPR
  ・ガイドマップの作成・配布
  ・ホームページの更新
  ・他のイベントなどと連携した桜回廊の魅力発信

2 新たな制度
(1)新たな寄附の募集(桜回廊寄附金)
 本プロジェクトでは、引き続き、桜の植樹や更新、散策路の整備などに取り組んでいきます。つきましては、市民・団体・企業のみなさまも、「寄附」によりプロジェクトにぜひご参加ください。
 ① 現金で寄附したい方
  ・さいたま市公園緑地協会が設置する「桜回廊寄附金」に寄附をしてください
  ・集まった寄附金を原資に、桜の植樹や更新、散策路の環境整備を行います(※使途の指定はできません)
  ・一口5万円以上の寄附をいただいた方には、感謝状を贈呈させていただきます
 ※このような方におすすめ※
  ・ご自身で苗木を調達し植樹をするのが難しい方
  ・寄附金による税法上の控除を受けたい方
    寄附方法の詳細はこちら
 ② 桜の苗木(現物)で寄附したい方
  ・プロジェクト事務局(さいたま市見沼田圃政策推進室)に直接ご相談ください
  ・場所や樹種等を調整のうえ、指定した場所にご自身で植樹をしていただきます
  ・ご希望の方には感謝状を贈呈させていただきます
 ※このような方におすすめ※
  ・寄附者のお名前入りで桜の苗木を植樹したい方
  ・ご自身で苗木を調達し植樹できる方
(2)桜回廊サポーター制度
本市の貴重な地域資源である「見沼田んぼの桜回廊」を、市民、団体、企業と一体となり「守る・育てる・発信する」ことに取り組むことで地域の活性化を図り、全国的な知名度のある桜回廊とするため、サポーター制度を導入します。
 

令和2年度 植樹式の様子

令和2年12月18日、緑区の見沼氷川公園で植樹式を開催しました。
苗木の寄附を頂いた、さいたま市シニアユニバーシティ東浦和校12期校友会の皆様が50名、また、協力団体であるさいたま市造園業協会の皆様もご参加頂き、盛大に植樹式を開催しました。

実   施   日  令和2年12月18日(金)
実施時間  10:00から11:00まで
実施場所  見沼氷川公園(緑区)
参加者数  参加者総数 59名
内訳:さいたま市シニアユニバーシティ東浦和校12期校友会 50名
造園業協会 6名
市職員  3名

  • さいたま市シニアユニバーシティ東浦和校12期校友会 清水会長ご挨拶
    さいたま市シニアユニバーシティ東浦和校12期校友会
    清水会長ご挨拶
  • 垂れ桜(シダレザクラ)を植樹
    垂れ桜(シダレザクラ)を植樹
  • 皆さんで記念撮影
    皆さんで記念撮影
  • 多くの方にご参加いただきました
    多くの方にご参加いただきました

桜の開花状況

現在の見沼田んぼの桜の開花状況はこちら